交通事故によるケガの治療例 - ふじみ野市 上福岡 むちうち 交通事故治療の整骨院

みやじま整骨院

Q&A

交通事故によるケガの治療例

今回は交通事故患者さんの治療例について記載します。

交通事故に遭われた場合については交通事故に遭った場合①を参照ください。

例1 KYさん 27歳男性 後から追突された事故

信号で停まっていたところ後ろから追突されてしまったKYさん。

病院でレントゲン検査により首(頚椎)の捻挫と診断され、当院に来院されました。

今まで肩の痛みやコリを感じた事がないKYさん。自覚症状も「なんだか違和感があるなぁ」程度でした。

しかしレントゲンでは異常がなかった首でも臨床徒手検査法(理学テスト)を施行してみると随分と首に痛みと圧痛がありました。

確かに首の捻挫ではありますが首を衝撃から守ろうとする筋性防御や引っ張られたことによる筋肉の損傷が強くて筋肉の緊張もすごく硬くなっていたのです。

筋肉緊張(硬結)は自律神経も少なからず関与しています。自律神経の興奮を抑えるために弱い力で少しずつ筋肉をほぐしていき、最後に当院で使っている首の調整法を施術しています。

まだ通院されて1週間ほどですが首を動かした時の痛みや違和感は改善されつつあります。

しかし受傷(事故)から1ヶ月後に頭痛が起き始めたという例もあるうえに首には自律神経の根元もあるのでまだまだ慎重に経過を診ていかなくてはなりませんがひとまず首の動きが改善されて日常生活での一番の支障がなくなってよかったです。

この記事を共有する

交通事故後の症状を解消したい方へ

ふじみ野市,上福岡駅の整骨院

事故治療23時まで対応 体験談多数掲載中 施術実績2.5万人 土曜も18時まで受付 上福岡駅より徒歩10分

交通事故のケガ・むちうちを根本解消!

交通事故治療の費用負担はありません

急性の症状やケガをしてしまった方へ